”社長挨拶”/

OfficeConciergeという社名には、「お客様のオフィスのコンシェルジュたれ」という、私の創業の想いの原点を込めました。
そして、「愛とアイデアを、オフィスに注ぐ」という行動指針を胸に、社員全員でお客様のための提案を、続けてまいります。
今後もOfficeConciergeにご期待いただけますよう、よろしくお願いいたします。

社長インタビュー

オフィスコンシェルジュ誕生のきっかけと会社のこれから

ー建設BALENAが誕生するまで

  オフィスコンシェルジュは、2006年企業に必要なハード面をサポートする会社として走り始めました。ネットワークやコピー機、ビジネスフォンを企業様に導入する事業がメインで今のようにソフトウェアを売る仕事はしていませんでした。建設BALENAが生まれるきっかけは、とある営業マンがお客様から受けた相談に始まります。

 そのお客様は会社の情報を複数のエクセルファイルに分けており、管理しきれなくなっているということでした。また、業務の統合ソフトを入れているもののどうにも使いづらい。そこで、「新しいものを作ってくれないか?」というご相談をいただいたのです。

ーできませんではなくやってみますの姿勢

弊社では「できません、ではなくやってみます」の精神を大事にしています。
なんとか困っている状況を解決したいと思い、方法を調べ始めました。そこで紹介したもらったのがファイルメーカーです。知り合いのエンジニアーに手伝ってもらいながらなんとか管理ソフトを作り上げました。

ー次に進むきっかけとなった「ありがとう」

 初めて納品したお客様の満足度は高く、「業務管理が楽になったよ」といって頂きました。それから、自社の一商品としてご案内を始めたところ、導入したいという声を頂くことが増えてきました。でも、当初はパッケージ化するつもりはありませんでした。なぜなら、パッケージという商品を売る”メーカー”ではなく、お客様の課題に柔軟に対応できる”コンシェルジュ”でありたいという想いが強かったからです。

ーそれでも建設BALENA開発に踏み切った理由

 建設BALENAを開発するまでは業務管理ソフトをすべてオーダーメイドで制作し、順調に依頼件数も伸びていました。しかしその中で、一つの課題が湧き上がってきていました。
それは、”開発に時間がかかり過ぎてしまう”ことでした。

オーダーメイドだと開発に時間がかかり、納品する頃にお客様の業務内容が変わってしまっているということもありました。これではお客様の課題を解決したいのに本末転倒です。それはもはや、開発スピードを上げるとか、お客様とのコミュニケーションを増やすことで解消できる課題ではありませんでした。この課題を解決するために、特にご依頼を多くいただいていた建設業界に特化したパッケージソフトを開発することに決めました。

ー建設BALENAの開発でこだわったポイント

 すべての業務が一つにまとまるというところに注力しました。顧客リスト、受注台帳、見積書、請求書、作業報告書、作業員名簿など建設業界が管理しなくてはいけない情報は山のようにあります。これらが一つのファイルで紐づけられることにすごく大きな意味を感じていました。また、建設業者の方が普段の業務の流れに沿って進めるように、ボタンの配置にもこだわりました。

ー建設BALENAをリリースして思うこと

建設業界の方は今まであまり活用していなかっただけで、ITを使えないわけではないということです。職人さんは新しい技術を習得することに長けているんだなあと感じることが多いです。とはいえ業界全体を見渡すと、まだまだアナログで、膨大な事務作業を行っている企業が多いので、いち早くIT化を取り入れることが業界内での優位性に繋がると思っています。

あと、導入される企業様によって使い方が様々で面白いです。例えば、とある企業様では顧客を10のステータスに分けて管理していらっしゃいます。そうすることで、顧客に対して的確な対応ができるようになったそうです。

ー建設BALENAのこの先

 建設BALENAを通して建設業界と深く関わらせていただくようになりましたが、業界のいろんな課題が見えてきています。課題があるということは、裏を返せば可能性があるということです。建設BALENAを進化させていくことで、より多くの課題を解決できるソフトに成長させていきます。

ーオフィスコンシェルジュという会社

最後に、弊社についてお話をさせていただくと、すごく真面目な会社だと思っています。社員一人ひとりが仲間を尊重し合い、時にシビアなフィードバックをし合っています。互いに認め合える風土があれば、多様な個性の人財がそれぞれパフォーマンスを最大化させることができます。沢山の個性が共存し合い、一丸となって一つの方向を向いた時、私達のコンシェルジュとしての貢献はさらに高めることができる、そう考えています。

MENU CLOSE