スタッフ紹介

お客様との心の距離・温度が近い、大切な業務

加村 茜 メイン画像
カスタマーサクセス(CS)
加村 茜
PROFILE

医療事務職4年、介護事務職2年を経て、オフィスコンシェルジュ日南オフィスにオープニングメンバーとして入社。開発職を経て、現在はCS業務を担当。

地元日南で、憧れのIT企業に就職!

商業高校で勉強したパソコンの知識を活かしたいと、IT関係の仕事に興味がありましたが、私の住んでいる串間市(日南市隣)にはIT企業がなく、ほとんどあきらめていました。そんなときに、オフィスコンシェルジュの求人チラシを発見。「隣の日南市にこんな仕事が!」とすぐに問い合わせをしました。思いたったらすぐ行動するタイプです(笑)

今でこそ、日南市がIT企業の誘致に成功していることは地元でもよく知られていますが、当時はまだ誘致数も少なく、串間市にいた私は何も知らなかったので、オフィスコンシェルジュの求人を見つけたのは本当に偶然でした。

IT企業というとバリバリ経験のある人しか入社できないイメージでしたが、求人チラシに「未経験OK。研修期間あり」の記載があり、チャンスだと感じました。今考えてみると何も知識がなかったので、逆に気負わずに応募できたのだと思います(笑)

オープニングメンバーは応募者も多く、面接時は緊張しましたが、小松社長が「とても風通しの良い会社」「気軽にいつでも相談できる」と会社の雰囲気についてお話してくださり、もしも受かったらぜひここで働きたいなと思いました。

加村 茜 インタビュー画像1

お客様の想いを直接聞くことができる場所

2017年10月に、CS部門が東京本社から日南オフィスに移設されました。それまでは開発職でしたが、CSをやってみたいと希望を出し、部署異動させていただきました。

CSは、チャットワーク、お電話でお客様のお問い合わせ全般にお答えする仕事。BALENAの使い方に関する質問や、カスタマイズのご相談を受けることが多いです。日頃からお客様のご意見、想いを直接聞くことができるので、お客様との心の距離・温度が近い大切な業務だと思っています。
 
直接、苦情など厳しいご意見を受けることもありますし、建設業の専門用語が飛び交うことが多く理解に苦労したりと、大変なことも多いですが、同時に「ありがとう」の言葉を直接聞けるところでもあるので、とてもやりがいを感じています。

加村 茜 インタビュー画像2

どんなときも明るい声での応対を徹底

BALENAは、お客様のご意向に沿ってカスタマイズすることが可能です。カスタマイズのご相談がCSに来ると、受けた内容を開発に依頼し、開発が完了したらチェックしてお客様にお戻しする、という橋渡し役をしています。

ご相談のなかには、実現不可能なことや、とてつもない開発工数がかかってしまいそうなこともあります。そんなとき、最初から「できません」とはねつけてしまうと失礼にあたります。が、よく確認もせず「わかりました」と受けてしまうと、開発側に多大な負担をかけたり、お客様に後からご不快な思いをさせることになりかねません。お客様の想いに寄り添うことが一番ですが、ご希望通りにできないことがあるのも現実です。そのバランスが難しい。一番気を遣っているところです。電話応対は、表情でカバーできない分、ちょっとでも暗い声を出してしまったら「感じの悪い人」と思われてしまいます。どんなときでも、声色だけは明るく。悪い印象を与えてしまわないように日々気を付けています。

今は、そういった日々の業務に追われていて、周りのことまで考えられていないですが、私は初期メンバーなので、会社全体を考えられるようになっていきたいです。もっともっと働きやすい環境をつくっていけるように自分から動いていきたいと思っています。

JOIN US!

あんまり考え込まず、何事も楽しめる人。根が明るいのが一番!