スタッフ紹介

お客様の要望をエンジニアに伝える橋渡し役

松浦 有紀 メイン画像
PJ事業部
松浦 有紀
PROFILE

文具メーカー営業を経て、2017年、オフィスコンシェルジュに入社。入社1年目。

決定から実行までのスピードの速さは
小規模だからこそ

2017年に採用されたばかりの入社1年目ですが、プロジェクトマネージャーを任せてもらっています。小さな会社だからこそ、事業全般を実地で学べることに魅力を感じています。一人ひとりの仕事に関する自由度が高く、私自身がやりにくさを感じていた社内の業務フローの改善を提案したときも、すぐに採用していただき、実行されました。柔軟性とスピード感は弊社の特長のひとつだと思います。

所属するPJ事業部では、受注した建設BALENAをお客様のご事情に合わせてカスタマイズするお手伝いをしています。お客様のご要望をエンジニアに伝える橋渡しの役割と言えば分かりやすいでしょうか。

松浦 有紀 インタビュー画像1

宮崎県日南市にある日南オフィスへの
出張が楽しみ

弊社のエンジニアは全員、宮崎県日南市の日南オフィスにいますので、ときどき出張に出かけます。日南オフィスには10人のスタッフが常駐していて、システムの開発とサポートを担っています。20代のスタッフが多いので活気もあり、出張は楽しみのひとつ。ふだんはメールやテレビ会議などでコミュニケーションをはかっていますが、直接顔を合わせることで仕事に好循環が生まれることを実感しています。

建設BALENAは建設業に特化した業務改善ソフトです。建設業独自の文化を理解し、お客様の業務フローを把握し、簡単な事業会計の知識も持ちつつ、エンジニアの業務領域も把握して的確に伝えながら仕事を進める必要があるので、正直なところ、大変なこともあります。できているかどうか自信はないのですが、がんばりたいと思っています。

松浦 有紀 インタビュー画像2

建設BALENA導入で「仕事がやりやすくなった」
という声をいただくとうれしい

入社するまで、建設業のことはほとんど知らなかったので、専門用語一つから、お客様に教えていただき、育てていただいています。知れば知るほどお仕事の大変さが分かるので、お客様にきちんと向き合い、建設BALENAで少しでもお役に立ちたいという思いが強くなってきました。

私の役割の中で、お客様により満足していただき、エンジニアの作業がよりやりやすくなる方法がないかを、日々考えています。

業務改善ソフトは、お客様の仕事のやり方を大きく変えてしまうもの。導入時にはとても緊張しますが、やりがいも感じています。経費削減や売上向上など数字に表れるだけでなく、お客様から直接「仕事がやりやすくなった」というお声をいただくと、とてもうれしいですね。

弊社は、自由な社風で、社内の雰囲気はとても明るく、個人の特性を尊重してくれる会社です。事業規模拡大の途上にあり、現在進行形で、導入企業様の成長だけでなく、自社の成長も目の当たりにできる貴重な経験をさせていただいています。

JOIN US!

重箱の隅をつつくほどの、きめ細やかな目配りができる人