建設BALENAの最新・役立ち情報をタイムリーにお届けBALENA JOURNAL

代表取締役・小松延顕が語る「建設バレーナ」そして「オフィスコンシェルジュ」で作る未来

株式会社Office Concierge
東京都豊島区/業務統合システム建設BALENAの開発販売及び運用保守/社員数

「建設バレーナ」のみを唯一の提供サービスとしている理由は「分かりやすく、使いやすいITで企業の利益を増やし、働く人の喜びに貢献する。」という企業理念に沿ったサービスを開発できたからこそ。今回、このBALENA JOURNALでも、改めて代表取締役・小松延顕の話から「建設バレーナ」そして「オフィスコンシェルジュ」が成そうとしていることを知ってもらえたらと思います。

全ての業務を集約させ、徹底した仕事の効率化を実現させるための業務統合システムが「建設バレーナ」

まずオフィスコンシェルジュが提供しているサービスについて教えてください。

小松我々オフィスコンシェルジュは、オリジナルで開発した建設業専用の業務統合システム「建設バレーナ」を開発し、こちらを販売、保守サポートまでおこなっています。

「建設バレーナ」の特徴をご説明ください。

小松「建設バレーナ」は、従来建設業界で課題とされていた業務の効率化を革新的に進める業務統合システムです。例えば、見積書、請求書の作成、さらには顧客情報のデータまでを、この「建設バレーナ」ひとつの中に集約させたものになります。具体的な事例で言いますと、見積書の各項目に数字を打ち込めば、この案件を受注したときに工事台帳を作ると思うのですが、こちらにも自動的に見積書に打ち込んだ数字が反映されます。さらに、売り上げがいくらで、粗利がいくらかが自動的に計算され一目でわかるようになっています。そして工事が終わり請求書を発行する際にも、これまで見積書、工事台帳に打ち込んだ数字が、自動的に計算され、クリックひとつで請求書が完成します。また、この「建設バレーナ」さえ開けば、過去の実績としてデータが集約されていますので、検索にお客様のお名前などを入力さえすれば、あらゆるデータをまとめて見返すこともできますし、当然すぐに見つけ出すこともできます。
このように、それまでは、全て別々のソフトや紙ベースで制作し保管していたものを、この「建設バレーナ」が統合することで、数字の再入力や新たな書類の作成、書類自体を探し出す手間までを省き、業務を効率的におこなうことを可能にした業務統合システムです。

「建設バレーナ」を「カスタマイズ」し続けることで、独自の経営方針、発展し進化し続ける各々の企業様にとってのジャストフィットを目指す

それまで二重三重で行っていた業務の手間を省くことで、それぞれの企業が、その余剰の時間で、営業や社内教育への時間をさけるようになり売上があがるということですね。ただ、建設業に特化しているとはいえ、それぞれの企業によって仕事の進め方や、やり方が異なると思うので、いくら「建設バレーナ」がこれまでになかった優秀な統合システムだとしても、全ての企業が、すぐに革新的に業務が効率化するといったことは難しいのではないですか?

小松「建設バレーナ」は、このシステムだけで多くの企業様が抱えている大きな課題を解決しうるパッケージであると自負しておりますが、おっしゃる通り、一重に建設業と言いましても29業種に分かれていますし、お取引様が法人か個人か、公共事業かによっても仕事の進み方は異なります。さらに、皆様が独自の業務フローやノウハウを確立し成功されていますので、システム側も、それぞれの企業様のやり方に合わせて柔軟に対応できなければならないと考えています。これに対応できないと、我慢しながら使って頂かなければならなくなりますよね。人がシステムに合わせるのではなく、その会社に存在している業務フローやノウハウを、システム側が合わせていくことで、実際に皆様が完璧に使いこなして頂き、はじめてシステムを運用に乗せることが可能になると考えています。したがって、それぞれのお客様に合わせて「建設バレーナ」というパッケージをもとに「カスタマイズ」をおこなっております。
もちろん、フルオーダーで、システム自体を完全にその企業様にあったものに作ることもできるのですが、これは、膨大な費用と時間を要してしまいます。そもそも、例えば、新しい部署ができたり、新事業を立ち上げたりと、常に企業様の状況も変化し成長していくものです。したがって、お客様に実際に使っていただきながら、問題点がでたらその都度対応させていただくという「カスタマイズ」という方法論を安価で提供させていただくことにより、その企業様の最新の仕事の内容に合わせ続けることができると考え、今の「建設バレーナ」というパッケージにプラスして「カスタマイズ」というサービスをおこなっております。

では、実際に建設バレーナを導入していただき、chatworkや電話などを用い、常にお客様とコミュニケーションをとりながら、その企業に最適なシステムを作るために「カスタマイズ」し続けていくことも可能なのですね。

小松そうですね。また、こちらも保守サポートになるのですが、「建設バレーナ」を導入してくださった際、全社員様への使い方のご説明はもちろん、例えば、新入社員の方が入社された際、我々がchatworkやZoom、ときにはご訪問させていただきレクチャーさせていただくサービスも展開しています。この「建設バレーナ」さえ使いこなせれば、その企業様の業務フローが全て詰まっていますので、新入社員の方が、より早く即戦力として活躍できるようお手伝いもさせていただいております。

コロナ渦においてのテレワーク推進にも最適な「建設バレーナ」

chatworkやZoomのお話がでましたが、昨今コロナ渦におけるテレワークの推進に対しても「建設バレーナ」は、とても有意義なサービスですよね?

小松まさにおっしゃる通りで、この建設バレーナは、Windows、MAC、iPhone、iPad、Androidなど、あらゆる端末に対応しています。つまり従来は、見積書を作るために現場から会社に戻らなくてはならなかったものを、インターネット環境さえあれば、現場の休憩中に携帯で入力し見積書を先方に送ることもできます。これによって、会社に戻る時間、交通費なども短縮できます。このような「建設バレーナ」の特性は、もちろん、ご自宅でも仕事を可能にしてくれますので、昨今のコロナ渦においてのテレワークの推進にもお役に立てるものとなっています。
同時に、国の制度でIT導入補助金というものがあります。今年(2021年)は、国が認可したテレワークに対応するIT技術に対して、導入費用の2/3まで、最大450万円まで補填してくれるという制度なのですが、コロナ渦において対面で打ち合わせをすることも難しい状況のなか、仕事をするためにはテレワーク化を進めることが、どの企業様にとっても急務だと思います。この建設バレーナは、テレワークに対応した技術ということで、IT導入補助金の対象となっておりますので、導入するためのサポートを積極的におこなっております。

ITツールを使い、それによって人々の暮らしが豊かになる。そんな未来を描いているのが「オフィスコンシェルジュ」。

現在の世界情勢にも対応しているのが「建設バレーナ」ということですね。では、この「建設バレーナ」をより多くの企業様に知っていただくことで、将来的には、導入してくださった企業様だけではなく、社会全体にも大きな影響を持ちうるシステムだともいえますね。

小松弊社は「全ての人と企業がITの進歩を実感できる社会をつくりたい」という長期的なビジョンと、それを実現するための「分かりやすく、使いやすいITで企業の利益を増やし、働く人の喜びに貢献する。」という具体的なミッションを掲げております。
様々なIT企業が、使いこなせば便利といったツールを日々開発しています。そのツールは、本来中小企業のみなさまが使いこなしたときに、とても有効なものが多いのですが、その情報が届いていない現状があります。知らなければそれを導入するということには至りませんし、利益拡大に繋がる道も開けません。我々は、そんなIT技術と中小企業の橋渡しをしたいと立ち上げた会社でもあります。
現在は、ある企業様のご依頼がきっかけで「建設バレーナ」というそれまでになかったオリジナルの業務統合システムを開発し、みなさまにご提供させていただいていますが、我々は「建設バレーナ」を売ることを第一の目的としているのではありません。とにかく便利なITツールを各企業様に知っていただき使いこなしていただくことで、それによっておこる売上の向上はもちろん、みなさまのライフワークにおいて時間のゆとりや、それによってもたらせる健康までを、実現したいと考えています。我々が、便利なITツールと皆様の橋渡しとなることで、少しでも豊かな社会へと貢献できたらと考えております。

導入企業様DATA
  • 会社名株式会社Office Concierge
  • 代表取締役小松延顕
  • 住所東京都豊島区北大塚2-1-1ba05 5F
  • 業種業務統合システム建設BALENAの開発販売及び運用保守
  • 会社規模
  • URLhttps://office-concierge.co.jp